SEXトレーニングと女性の本音

早漏レスキュー

早漏克服でパワーSEX

もう早いだなんて思わせない!、
自身をもってあなたもパワーSEXを体験してください。

早漏レスキューレッド

こんにちは、早漏レスキュー ピンク隊員です。

今日は女の本音として、言いたいこといっちゃいます。

早漏を克服するために、 sexの経験を増やすことが 早漏克服トレーニングにもなる場合があります。

早漏の男性の場合、 sex経験が少ない場合が多いため、 ということが理由のようです。

しかし、私はこう思います。

10代、20代でsex経験が多い男性なんて、 ゴロゴロいてもらっては、困る!!
10代、20代なんて、本気で人を好きになる とても重要な時期なんです。

そんなときに、
「早漏克服のために、sex経験を積もう!」
なんてキャンペーンをやられては、 女性側としては、本気でひいてしまいます。

むしろ、早漏を克服するためだったとしても、
20代ですでに「sex経験100人!」とか 胸を張られても…。


はっきり申し上げて、ドン引きします。


ですので、SEXトレーニングとか経験数に走らずに、
どうかまっとうな早漏克服トレーニングに励んでほしいと思います。


そして、もう一つ、 是非勘違いしないでいただきたいことがあります。

それは、

「挿入時間が長ければ良い、という問題ではない」

ということです。

よく、早漏克服に励んでいる男性の中に、 「目指せ30分!」といきまいている方がいますが、 女性側からしたら、30分も挿入されたのでは、 たまったもんじゃありません(笑)


長く挿入できる、ということは、 イコール、刺激に鈍感になっているということです。

性器自体の感度が、下がっていることでもあるのです。

あまりにも早漏を意識しすぎて、 例えば早漏専用スプレーをふりかけすぎて、
なかなか射精できなかったりすることもあるようです。

実際に、強力なスプレーほど、 ペニスをつねっても痛みを感じないものがあります。


このような状態で挿入しても、 男性も気持ちよくないですよね?

それに、スプレーの効き目が弱くならなければ 射精ができないのですから、 それまで待たなければいけない女性側も、タイヘンです。


それよりも、重要なのは、


【自分の意識次第で、射精をコントロールすること】です。

女性は、SEXトレーニングをした男性に常に長く挿入されていればエクスタシーを感じる、 というわけではありません。短い挿入時間であっても、前儀ですでに達している場合もあります。

ですので、挿入時間が短くても良い場合もあります。

たまには、ノリ気じゃない時もあります。
それでも、求められれば、あなたのためと思って 応じている場合もあるのです。

そういう時に、スプレーなどでただ挿入時間を長くされても…。


私たち女性としては自分の意思で射精をコントロールできるようになり、
パートナーがどうして欲しいのかという要求に答えられるようになって欲しいのです。


ちょっと疲れているような時には、 短めで終わらせる。
長く感じていそうな時には、 いつもよりも長めに挿入する。

また、ケースバイケースですが、 こういう場合もあるかもしれません。

「正常位ではそれほどエクスタシーを感じていなそうだったから
早めに終わらそうかと思ったら、
騎乗位になったら、とたんにまた感じはじめた。」

こんなことは良くあります、
女性のエクスタシーの感じ方は 本当にさまざまなんですよ。


ですので、射精に行こうと思た後、 また持続させることができるコントロール法を 是非取得していただきたいのです。無理をしてまでSEXトレーニングをする必要はないんです。

しかも、自宅でカンタンにでき、 その方法は誰にも知られることはありません。

あなた一人で、 自分の意のままに、射精をコントロールすることができるのです。


射精コントロール法というトレーニングをすることで、 あなたの理想のsex、 そしてパートナーの理想のsexが実現するのです。

もしも、あなたが理想をsexを手に入れるために、 射精コントロール法を本当に知りたいのであれば、 是非こちらをご覧ください!

早漏レスキューコンテンツ
早漏とみなされる基準タイムとは?

早漏レスキュー推薦!!もてる男の秘密とは?
優良で無料!出合い系サイト!
sexトレーニングについて編
Copyright (C) 2008 早漏 All Rights Reserved.